サイト内検索 
ようこそ! ゲストさん( ユーザID または e-mail: パスワード: | 新規登録
メインメニュー

情報交換メニュー

塩尻のイベント・物語
漆郷和太鼓物語
塩尻イルミネーションコンテスト

掲示板メニュー

便利メニュー

検索サービスへのリンク

サイト情報

スポンサーズリンク

[掲示板に戻る]


2012年 12月 助成金情報 (3) 名無しさん 2012-10-22 5:43
2012年 12月 助成金情報 (4) 名無しさん 2012-10-22 5:44
2012年 12月 助成金情報 (5) 名無しさん 2012-11-19 5:36
2012年 12月 助成金情報 (6) 名無しさん 2012-11-19 5:43
2012年 12月 助成金情報 (7) 名無しさん 2012-11-19 5:44
2012年 12月 助成金情報 (8) 名無しさん 2012-11-19 5:45

3 2012年 12月 助成金情報 (3)
npo


名無しさん 2012-10-22 5:43  [返信] [編集]

カンパンブログで、助成金情報を紹介しています。
http://blog.canpan.info/sama/


12月31日
平成24年度地域づくり団体活動支援事業
 地域づくり団体及び都道府県協議会が行う自主的・主体的な地域づくり活動を支援します。

講師等派遣事業
 地域づくり団体及び都道府県協議会が行う自主的・主体的な地域づくりのために講師等を招聘して開催する研修会等の事業について招聘する講師に係る謝金・旅費を各10万円、計20万円を限度に助成します。

詳しくは、実施要綱及び留意事項をご確認ください。

■助成対象団体
助成対象団体は、次の各団体とする。
(1)登録団体(ただし、前年度において「地域づくり団体等活動支援事業」の助成を受けた団体を除く。)
(2)都道府県協議会

■助成対象事業
助成対象事業は、登録団体及び都道府県協議会が行う自主的・主体的な地域づくりのために講師等を招聘して開催する
研修会等の事業(多数の聴講者を対象とし、営利を目的としないもの)とする。
1 助成対象事業は平成24年4月1日から平成25年2月28日までに実施する事業とする。
2 助成対象事業は、1団体あたり1事業のみとする。

■助成金
1 助成金の額は、20万円を上限とする。
2 助成金の額は、助成対象経費の100%以下とする。

■助成金の交付申請手続き
(1)助成金交付申請の受付期間
 助成金の交付申請は本要綱の通知を受けた日から平成24年12月31日まで受け付ける。
ただし、助成金の累計額が地域づくり団体等活動支援事業の予算額に達し次第、受付を終了するものとする。
(2)助成金の交付申請
 助成金を受けようとする助成対象団体の代表は、全国協議会会長(以下「会長」という。)に、
原則として事業実施の2ヶ月前までに、助成金交付申請書(様式1)に収支予算書及びその他参考となる資料を
添付のうえ提出するものとする。なお、登録団体の代表は、都道府県協議会を通じて提出するものとする。


詳細は下記URLをご覧ください。
応募締切 助成金の交付申請は本要綱の通知を受けた日から平成24年12月31日まで受け付ける。
ただし、助成金の累計額が地域づくり団体等活動支援事業の予算額に達し次第、受付を終了するものとする。
URL http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/dantai/katsudousien.htm


お問い合せ先
みやぎ地域づくり団体協議会
震災復興・企画部地域復興支援課
〒980-8570 仙台市青葉区本町3-8-1
TEL:022-211-2423  FAX:022-211-0205



掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください
************************************************* 



12月5日(水)(前期)
平成25年6月28日(金)(後期)
当日消印有効
◇子ども
子どもの体験活動・読書活動 平成25年度助成募集案内
子どもの健全な育成を図ることを目的に、平成25年4月1日から平成26年3月31日までの間に行われる、次の活動に対する助成を行います。

1. 子どもを対象とする体験活動や読書活動
【体験活動】
(1)自然体験活動
・キャンプやハイキング、沢歩きなどの野外活動
・動植物や星空観察などの自然観察、環境保護活動
・農山漁村での農作物収穫や森、海での活動を含む生活体験など
(2)科学体験活動
・科学実験やものづくり活動など
(3)交流を目的 とする活動
異年齢・異世代が交流する通学合宿、スポーツ活動、文化・芸術活動、プレーパーク活動、放課後居場所づくり活動など
(4)社会奉仕体験活動
・地域の清掃活動や環境美化活動
・社会福祉施設等におけるボランティア活動など
(5)職場体験活動
・商店街での販売体験
・福祉事業所での介護体験など
(6)その他の体験活動
上記のいずれの分野にも該当しない体験活動または、活動の内容が(1)〜(5)の3つ以上の分野が含まれ、主たる分野が判断できない活動
【読書活動】 
・読み聞かせ会、読書会、お話会
・絵本を用いたワークショップなど子どもが積極的に読書活動に取り組む意欲を育む活動


2. 子どもを対象とする体験活動や読書活動を支援する活動
【体験活動】
・指導者養成等(各種体験活動の指導者を養成する研修会、指導者やボランティアに対する体験活動の安全管理講習会など)
・フォーラム等振興普及活動(体験活動の振興方策を研究協議するフォーラムなど)

【読書活動】
・指導者養成等(指導的な読み聞かせボランティアを育成する講座など)
・フォーラム等振興普及活動(読書活動の振興方策を研究協議するフォーラムなど)

【指導者養成について】
・計画調書には、指導者養成事業の全体がわかるようなカリキュラム表を添付してください。
実績報告書には、受講者名簿を必ず添付してください。
また、受講者が実際に指導者として活動した指導者実績を把握し、保存してください。

○助成の対象となる団体
次に該当する団体で、当該団体が自ら主催し、子どもの健全な育成を目的に子どもの体験活動や読書活動の振興に取組む団体が助成の対象となります。
1. 公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人又は一般財団法人
2. 特定非営利活動法人
3. 1.及び2.以外の法人格を有する団体(次に掲げる団体を除く。)
(1)国又は地方公共団体
(2)法律により直接に設立された法人
(3)特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人
4. 法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っていると認められる団体


○助成金の額
1. 1活動あたりの助成金の額は、市区町村規模の活動は50万円、都道府県規模の活動は100万円、全国規模の活動は300万円を標準額(目安)としており、さらにそれぞれについて限度額があります。
2. 1活動あたりの助成金の額は、2万円以上限度額までとし、子どもゆめ基金審査委員会において活動内容等を審査し、予算の範囲内で決定します。

○詳細はこちらから
http://yumekikin.niye.go.jp/jyosei/download/boshu/taiken/25/taiken.pdf

○お問い合わせ先
独立行政法人国立青少年教育推進機構 こどもゆめ基金部 助成課
フリーダイヤル 0120−579081【携帯電話可】
☎03-5790-8117・8118
FAX03-6407-7720
E-mail yume@niye.go.jp



掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください
4 2012年 12月 助成金情報 (4)
npo


名無しさん 2012-10-22 5:44  [返信] [編集]

カンパンブログで、助成金情報を紹介しています。
http://blog.canpan.info/sama/

12月14日(金)必着
◇芸術(音楽・美術)
芸術活動への助成
音楽会、美術展覧会等への助成を通じて、文化、芸術等の発展、向上に寄与することを目的とします。

音楽分野、美術分野において、
〃歃囘水準が高く、啓蒙普及的意義のあるもの
芸術家に発表の機会を広げるもの
C楼茲諒顕集上に資するもの 
等が対象となります。

助成は希望額全額ではないこともあります。1件あたり原則として、約10万円から100万円余です。

助成申し込み受付期間
2013年度分(2013年4月から2014年3月までに実施)の締切は2012年12月14日(金)必着。
※同日までに申し込み書類が当財団へ到着していること。
被災地特別枠
東日本大震災の被災地からの申し込み、被災地の支援を目的とした事業については、特別枠を設け、できるだけ優先的に扱います。

申し込み方法
推薦者は、当該事業の内容・意義を熟知し、熱意をもって推薦する第三者に依頼してください。
当財団所定の「助成申し込み用紙」http://www.asahizaidan.or.jp/grant/grant01.htmlに必要事項を記入して財団事務所に送ってください。

お問い合わせ先
公益財団法人 朝日新聞文化財団
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-7 朝日ビル4階
電話 03-5568-8816 FAX 03-3571-4032
E-mail jimukyoku@asahizaidan.or.jp





掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください
************************************************* 




12月21日(金)必着
◇福祉
長野県労働金庫 NPO・ボランティア団体助成金制度
少子・高齢化が進み、様々な課題を抱えた社会情勢を背景に、高齢者介護、障害者福祉、教育、環境など、政府や個人の力だけでは解決が困難な多くの社会的問題が存在します。
  しかし、こうした様々な課題の克服に向けて、労働組合がNPOを立ち上げたり、組合員の方々が地域のボランティア活動において活躍されるなど、労働者自主福祉活動の輪が職場・地域を越えて広がり始めています。
  長野ろうきんは、労働組合をはじめとした労働者自主福祉活動と、地域に根差したNPO・ボランティア団体等による市民活動との協働によって、誰もが喜びを持って共生できる、暮らしやすい地域づくりを応援します。


目的
「ろうきん理念」に基づき、社会が抱える様々な課題の克服に向けて、地域で主体的に活動するNPO・ボランティア団体の活動を支援することを目的としています。
対象団体
◎ NPO団体(非営利市民事業団体)
◎ ボランティア団体
※ 主たる事務所等の所在地が長野県内にある団体とし、その規模やNPO法人格の有無は問いません。
活動内容
◎ 生活・福祉の向上に役立つ活動
◎ 勤労者・高齢者が参加する活動
◎ その他、本制度の目的に沿うと判断される活動
助成金額
◎総額300万円
◎1団体20万円を上限
資金使途
◎ 事業運営資金、研修費用、改装・備品購入資金(事業の目的に関連する備品)、その他この制度の目的に沿うと判断される使途
◎2013年度中に実施予定の活動(事業)であること

助成金交付申請受付期間
2012年10月1日〜2012年12月21日まで

申請方法・手続
(1)必要事項

ろうきん所定の用紙(店頭に備え置き)に必要事項を記入の上、下記書類を添えて申請してください。

設立趣意書・定款・規約・会則等
団体の活動(事業)が把握できる資料(パンフレット・写真・会報・機関誌等)
前年度の事業報告および決算(収支)報告書
今年度の事業計画書(活動計画書)及び収支予算書
助成対象活動(事業)が確認できる資料・見積書等

(2)提出先

各営業店経由「NPO・ボランティア団体助成金交付選考委員会」宛
(担当:営業統括部)

お問い合わせ先

〒380−8611
長野市県町523番地 長野県労働金庫 営業統括部
TEL:(026)237−3742
FAX:(026)237−3001
Eメール:kikaku-eigyou@nagano-rokin.co.jp


掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください
5 2012年 12月 助成金情報 (5)
npo


名無しさん 2012-11-19 5:36  [返信] [編集]

************************************************* 
カンパンブログで、助成金情報を紹介しています。
http://blog.canpan.info/sama/

12月10日締切
第51回(平成24年度)下中科学研究助成金

公益財団法人下中記念財団は、株式会社平凡社の創業者である、故 下中彌三郎翁の業績を記念し、翁の遺志を継承する財団として、1962年(昭和37年)6月に設立されました。広く科学技術の研究を行う者を奨励し、学術および文化の発展に寄与することを目的としています。
 財団の創立にあたり、その目的に沿って、若い学徒の志す科学技術の研究を助成し、あるいは長年にわたって幾多の困難とたたかいながら研究を重ねている科 学技術者を鼓舞、助成することを考え、その第一歩として、小・中・高校あるいは教育センターなどに所属する教員等を対象とした「下中科学研究助成金」を設 けました。
 科学技術助成のための助成事業として、小学校教師をも対象とする助成金事業は、この発足当時、他に類を見ないものでした。


●応募資格
全国小、中、高校、中等教育学校、特別支援学校、高等専門学校の教員(教育センターを含む)。
(研究は個人であると共同であるとを問わず。)

●支援対象
学校の先生方の教育のための真摯な研究。
従来より、自然科学および科学教育にかかわる研究を重視しているが、広く教育全般にかかわる今日的課題を取り上げたものも期待。

●支援金額
1件当り30万円。(総額900万円、30件を予定)

●申込受付期間
〜2012年12月10日 当日消印有効

お問い合わせ先
公益財団法人 下中記念財団事務局
162-0843東京都新宿区市谷田町2-7 伊東ハイム301
電話 03(5261)5688
FAX 03(3266)0352
mail info@shimonaka.or.jp
URL http://www.shimonaka.or.jp/




掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください
************************************************* 

************************************************* 
カンパンブログで、助成金情報を紹介しています。
http://blog.canpan.info/sama/

第2回カタールフレンド基金

今年、国交樹立40周年を迎えるカタール国は、日本との友好関係の中で教育や文化の面で様々な交流を続けています。東日本大震災の発災直後には友好、人道の両側面からLNG(液化天然ガス)やLPG(液化石油ガス)の追加提供を通じて復興を支援してきました。また、2011年4月には1億米ドル(約80億円)の資金提供を表明し、復興が本格化する2012年1月から2014年12月の3年間にわたり、「カタール フレンド基金」を通して持続可能な復興支援を行うことを決定しています。このたび、「カタール フレンド基金」の第1回公募(2012年5〜6月実施)に続き、第2回公募として被災地のニーズを踏まえ、「子どもたちの教育」、「健康」、「水産業」の3分野で支援事業を実施する団体を募集することとなりましたのでお知らせします。

応募方法、応募条件、審査基準、応募書類提出後のスケジュール等の詳細は、公募要領をご参照ください。なお、
第2回公募においては、(1)応募参加表明書の提出、(2)応募書類の提出が必要です。

(1) 応募参加表明書(日本語、英語)の提出
事前に応募参加表明書の提出がない場合は、応募書類を提出いただいた場合でも無効となりますので必ずご提出下さい。
提出方法
「「カタール フレンド基金」支援対象プロジェクト」公募事務局宛(inquiry-qatar@mri.co.jp)に、以下の要領にしたがって、メールにて提出してください。
(応募参加表明書の提出要領)
■応募参加表明書ファイル(日本語・英語両方)をメールにて提出してください(カタール フレンド基金トップページのメニューバー「プロジェクト公募」内のプルダウンメニュー「応募要件」をクリックし、「応募参加表明書」(Word2003)【日・英】をダウンロードし、ご確認ください)。
URL http://www.qatarfriendshipfund.org/jp/call-for-project/second-call-for-the-project
■メール標題は、「カタール フレンド基金、応募参加表明書の提出」としてください。
■本文中には必ず、「1.代表提案者名」「2.代表者氏名」「3.連絡先(電話番号及びメールアドレス)」をご記入ください。
■「個人情報のお取扱いについて(提案書受付)」(「7.応募方法」末尾記載)にご同意の上、お申込ください。
■メールによる提出後、以下の連絡先に電話で受信確認をしてください。
株式会社三菱総合研究所 社会公共マネジメント研究本部内
「カタール フレンド基金」支援対象プロジェクト 公募事務局
Tel:03−6705−6171(ダイヤルイン)
応募参加表明書提出期間
平成24年10月29日(月)〜平成24年12月7日(金)17時(必着)

(2)応募書類の提出
 ̄募書類の提出方法
事業の応募に必要な書類及び応募様式ファイルを保存したCD−R(ウイルスチェックを実施したもの)を、公募期間内に郵送により、「「カタール フレンド基金」支援対象プロジェクト」公募事務局(株式会社 三菱総合研究所内)に提出していただきます。提出物は、封筒に入れ、宛名面に「「カタール フレンド基金」支援対象プロジェクト応募書類」と赤字で明記してください。

応募書類の公募期間
平成24年10月29日(月)〜平成24年12月14日(金)17時(必着)
提出先〒100-8141 東京都千代田区永田町2−10−3
株式会社三菱総合研究所 社会公共マネジメント研究本部内
「カタール フレンド基金」支援対象プロジェクト公募事務局

◇主催◇
カタール フレンド基金」支援対象プロジェクト 公募事務局
募集期間 平成24年10月29日(月)〜平成24年12月7日(金)17時(必着)
URL http://www.qatarfriendshipfund.org/jp/call-for-project/second-call-for-the-project
お問い合せ先
株式会社三菱総合研究所 社会公共マネジメント研究本部内
「カタール フレンド基金」支援対象プロジェクト 公募事務局
e-mail: inquiry-qatar@mri.co.jp
Tel : 03−6705−6171(ダイヤルイン)



掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください
*************************************************

6 2012年 12月 助成金情報 (6)
npo


名無しさん 2012-11-19 5:43  [返信] [編集]

************************************************* 
カンパンブログで、助成金情報を紹介しています。
http://blog.canpan.info/sama/



12/10締切
◆高木基金 2013年度 助成

高木仁三郎市民科学基金は、生涯をかけて、原子力時代の一日も早い終焉をめざし、「市民科学」に力を尽くした高木仁三郎の遺志に基づき、「市民科学者」を志す市民やグループへの助成を行います。

○国内の個人・グループへの調査研究助成
応募対象
資格、年齢等の制限はなし。一般の市民や市民グループも対象。
対象事業
市民科学にふさわしい調査研究、一次情報の収集、分析、映像等による記録   情報発信、それらに基づく政策提言やキャンペーン活動に関わる諸費用。
助成金額 上限100万円

○国内の個人への研修奨励
応募対象
資格、年齢等の制限なし。大学生、大学院生である必要もありません。
対象事業
「市民科学者」としての専門性を高め、実践経験を積むことを目的に、国内外の教育、研究機関、NPO等での研修に参加するための滞在費用
助成金額 上限100万円

※共通事項※
締 切 平成24年12月10日(月)消印有効
問合せ先 認定NPO法人 高木仁三郎市民科学基金
(〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階)
TEL・FAX 03-3358-7064 / 事務所携帯 070-5074-5985
E-mail info@takagifund.org
URL http://www.takagifund.org




掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください
************************************************* 

12/12締切
◆平成25年度 日社済社会福祉助成

社会福祉関係者の専門性向上などを目指した「研修事業」や「研究事業」、または地域社会で草の根的に取り組んでいる“先駆的事業”に一部助成することにより、豊かな社会福祉の実現に寄与すことを目的とします。

応募対象
ー匆駟〇禹業や福祉施設の運営、福祉活動などを目的とする社会福祉法人、福祉施設、福祉団体などとします。
∨/由覆里覆でぐ嫦賃痢▲哀襦璽廚六堋村社会福祉協議会の推薦を得て申請してください。
申請は1団体、1事業とします。


対象事業
ー匆駟〇禊愀玄圓了饉糎上に関する研修や研究(下記A〜Dの対象事業から1つ選択)
⊆匆駟〇禹業でそのテーマや内容に先駆的要素またパイロット性があるもの
事業の目的が明確で、実施後の具体的な成果が充分期待できるもの

<研修事業>
A
集合研修…社会サービスのあり方や専門知識、技術の習得などをテーマと
して開催される集合研修事業(研修会、セミナー、講演会など)
B
派遣研修…福祉施設職員などが幅広い視野と専門性を持って支援業務に携
わるために、他の福祉施設、団体などで一定期間実習する

<研究事業>
C
実践研究…各福祉分野の先駆性ある事業の実践を通して行われる成果、課題のまとめなど
D
調査研究…社会福祉関係者の専門性の向上、現任訓練の方法や体系、また就労、福利厚生などをテーマとするもの


助成金額 上限50万円以内(対象項目経費 合計80%以内)
総額2000万円以内


締 切 平成24年12月12日(水)消印有効

問合せ先 公益財団法人 日本社会福祉弘済会 助成事業申請係
(〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-24-3)
TEL 03-3846-2172
URL http://www.nisshasai.jp/



掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください
************************************************* 

7 2012年 12月 助成金情報 (7)
npo


名無しさん 2012-11-19 5:44  [返信] [編集]

************************************************* 
カンパンブログで、助成金情報を紹介しています。
http://blog.canpan.info/sama/

12月14日
公益財団法人日本国際協力財団 2013年度国際協力NPO助成

■目的
 この助成は、開発途上国における農業、教育、医療、福祉等の問題解決のために、現地の人々とともに
活動しているNPOに対して、プロジェクト費用の一部を助成してその活動を支援し、もって開発途上国の
自立的発展及び福祉の増進に寄与することを目的としています。

■対象団体
 助成の対象となるNPOは、特定非営利活動促進法(日本のNPO法)により認証されている団体で
かつ次の要件を全て満たす団体に限ります。
(1)開発途上国における援助活動を主たる目的としている団体。
(2)プロジェクトを推進する上で、十分な実績を有し、実際に現地で活動できる団体。
(3)2013 年1 月下旬頃予定の面接(期日指定)を受けることができる団体。

■対象プロジェクト
 助成の対象は、次の要件を全て満たすプロジェクトに限ります。
(1)原則として2013 年4 月1 日以降に着手し、2014 年3 月31 日までに完了すること。
 ただし、実施が2 年以上に及ぶ場合は、当年度および中長期の計画を提出すること。
(2)実際に開発途上国に入り、現地の人々と一緒になって活動すること。

(3)次のいずれかの分野に該当すること。
 ・農業・農村開発
 ・教育振興、人材育成
 ・医療・保健改善
 ・生活環境改善
 ・その他、開発途上国の民生・福祉に寄与するもの
※文化・スポーツ・学術分野および災害緊急援助は対象となりません。

(4)施設・物品の寄贈が主たる内容でないこと。
(5)現地の状況・ニーズの調査が十分実施されていること。
(6)実施に当たって、現地政府や住民等と十分な調整が実施されていること。
(7)完了後のフォローアップと評価が十分計画されていること。

■助成額
(1)原則として、プロジェクト費用総額の30%以上70%以内で、最高150 万円までとします。
(2)申請は1団体につき1件までとします。
(3)年度毎に助成を決定します(継続案件についても、新規案件と同等に審査いたします)。
(4)同一プロジェクトへの助成は、合計で3 回までとします(3 年間助成を受けた団体については、原則2 年間次のプロジェクトの助成は受けられません)。

■申請手続き
(1)申請書及び提出書類チェックリストは、当財団ホームページ からダウンロードしてください。
(ホームページよりダウンロード出来ない方はご連絡ください)
URL http://www.toyo-rubber.co.jp/eco/stakeholders/fund.html

(2)申請書に必要事項を記入し、必要添付書類とともに次の宛先に郵送してください。
恐縮ながら、審査用も含め申請書と添付書類は5部お願いいたします。但し、申請書も含め一部の書類は電子メールに添付の上お送りいただくことが可能です。詳細は「提出チェックリスト」をご参照ください。
(3)郵送での申請書提出をもって申請の受理とさせていただきます。

<申請書送付先>
〒102-0075 東京都千代田区三番町5-10-1401
公益財団法人日本国際協力財団 国際協力NPO助成担当
e-mail:jicfnpo@gmail.com (通常のメールアドレスとは異なりますのでご注意ください)
件名は、【2013 度 国際協力NPO助成提出書類】としてください。

■申請書受付期間
2012 年11 月12 日(月)から2012 年12 月14 日(金)(必着)まで

主催 公益財団法人日本国際協力財団
応募締切 2012 年11 月12 日(月)から2012 年12 月14 日(金)(必着)まで
URL http://www.toyo-rubber.co.jp/eco/stakeholders/fund.html
問い合せ
公益財団法人日本国際協力財団 国際協力NPO助成担当
住所:〒102-0075 東京都千代田区三番町5-10-1401
TEL:(03)3234-7281 (お問合せ時間14:00〜17:00)
FAX:(03)3234-7282  e-mail:jicf@tcn-catv.ne.jp 



掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください
************************************************* 
************************************************* 
カンパンブログで、助成金情報を紹介しています。
http://blog.canpan.info/sama/

12月14日
タケダ・いのちとくらし再生プログラム 第3回助成事業公募概要

■助成の趣旨
 タケダ・いのちとくらし再生プログラムの一環として、東日本大震災で被災された方々の「いのち」と「くらし」の再生を願い、武田薬品工業株式会社からのご寄付をもとに、被災3県(岩手、宮城、福島県)において活動する民間の支援活動に対して助成を行っています。第1回の助成では2012年4月から13団体(いのちの再生で6件、くらしの再生で7件)、第2回の助成では2012年10月から4団体(いのちの再生で2件、くらしの再生で2件)が活動を行っています。

■募集内容
(1)応募資格
 「いのち」と「くらし」の再生に関わる社会的課題を発掘し、その課題を解決するために被災3県において活動する非営利の組織とします。法人格の有無や種類は問いません。ただし、政治的・宗教的な組織は対象としません。

 なお医療関係者等の団体による応募については、後述の選考委員会が応募団体を当該団体と判断した場合、寄付金拠出者(武田薬品工業株式会社)に利益をもたらす可能性を排除するために、選考委員会での当該団体を対象とした選定過程において寄付金拠出者は一切関与しません。

 さらに、選考委員会が当該団体を助成対象に選考した場合、医薬品業界内ルールおよひ?寄付金拠出者の制定する規定(透明性ガイドライン)などに照らし、当該団体は当該団体名の公開について寄付金拠出者と同意することをもって、決定とさせていただきます。同意いただけない場合は、選考結果を取り消させていただきますことをご留意ください。

(2)助成内容
1.対象経費
 応募活動に関わる必要経費(支出項目は特に定めません。運営費や人件費も含むことができます)

2.助成限度額
 助成1件につき500万円〜1,000万円(総額5,000万円を予定)

3.対象となる活動
 「いのち」と「くらし」の再生に関わる下記の活動を対象とします。
・いのちの再生
 人道支援の視点から、社会的に弱い立場にある被災者(子ども、高齢者、病人、障害者、災害遺児・遺族、
経済的困窮者等)が尊厳をもって生きていけるよう、その人権を尊重し、日常生活を支援し、保健・医療・福祉の充実を図る活動。
・くらしの再生
 復興にむけた基盤整備支援の視点から、被災した人々が生きがいのある暮らしを回復で きるよう、
生活の場・仕事の場を再建し、生活基盤を整備する活動。なお、これらの活動に関わる調査研究や政策提言活動も対象とします。

4.助成期間
2013年4月1日から1年間
(毎年度の選考によって必要と認めた場合には最長3年間の継続助成の可能性があります)
■応募手続
応募用紙の入手方法
 応募用紙をダウンロードいただくか、送付先の住所・氏名を明記の上、事務局へFAX にてご請求ください。
URL http://www.inochi-kurashi.jp/project/josei/josei3/

応募期間
 2012年12月7日(金)〜14日(金) 当日消印有効
ご応募は必ず消印の分かる方法で下記事務局に郵送ください。持参はお断りします。

主催 武田薬品×日本NPOセンター協働事業
応募締切 2012年12月7日(金)〜14日(金) 当日消印有効
URL http://www.inochi-kurashi.jp/project/josei/josei3/


問い合せ
認定特定非営利活動法人日本NPOセンター
タケダ・いのちとくらし再生プログラム事務局(担当:三本・坂口)
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル245
Tel:03-3510-0855 Fax:03-3510-0856
Email:info@inochi-kurashi.jp



掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください
************************************************* 
8 2012年 12月 助成金情報 (8)
npo


名無しさん 2012-11-19 5:45  [返信] [編集]

************************************************* 
カンパンブログで、助成金情報を紹介しています。
http://blog.canpan.info/sama/

12月21日
積水ハウスマッチングプログラム
「積水ハウスマッチングプログラム」は、積水ハウス株式会社及びその関係会社
のCSR活動の一環として、マッチングギフトを実施し、下記の各基金の支援内容
に合致する活動を支援します。今回で8回目となる助成__においても引き続き、
大阪ボランティア協会は、協働事務局を担っています。


■基金の種類と支援内容:
「積水ハウスこども基金」:次世代を担うこどもたちを育成することを目的とし、
こどもたちの健全な育成に関わる活動を支援

「積水ハウス環境基金」:サステナブル社会の構築に寄与することを目的とし、
環境や生態系の保全に配慮した活動を支援


■対象となる活動:
本会及び各基金の目的に適合するものであること
活動の継続性(3年以上の活動実績。任意団体での活動期間を含む)があること
公共性の高い活動であること
活動主体の経営の健全性及び透明性が確保されていること

■応募期間:
2012年11月12日(月)〜2012年12月21日(金)17時 <必着>

■助成の種類:「プログラム助成」

助成額は原則として、過去3年間の平均年間支出合計の30%以内または200万円のいずれか低い金額を上限。
※プログラム助成の審査で選外となった団体を対象とした「基盤助成」(上限20万円)もあり。

■本年度予算総額および昨年度助成総額:
本年度 約2,000万円(本年度予算総額)
昨年度 1,660万円(プログラム助成:80万円〜200万円まで13プログラムを助成)
           (基盤助成:20万円を8団体に助成)

■募集要項と申請書のダウンロード
http://www.sekisuihouse.co.jp/company/topics/datail/1189729_1381.html


■問合せ先:<協働事務局>大阪ボランティア協会 担当:影浦
〒553−0006 大阪市福島区吉野4丁目29−20大阪NPOプラザ100号
TEL:06−6465−8391

<事業主体>積水ハウスマッチングプログラムの会 事務局
(積水ハウス(株)コーポレート・コミュニケーション部CSR室) 担当:東瀬
〒531−0076 大阪市北区大淀中1丁目1−88梅田スカイビル タワーイースト    TEL:06−6440−3440
主催

積水ハウスマッチングプログラムの会 事務局
募集期間 平成24年11月12日(月)〜12月21日(金)17時(必着)
URL http://www.sekisuihouse.co.jp/company/topics/datail/1189729_1381.html
問い合せ


<協働事務局>大阪ボランティア協会 担当:影浦
〒553−0006 大阪市福島区吉野4丁目29−20大阪NPOプラザ100号
TEL:06−6465−8391




掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください
************************************************* 

BluesBB ©Sting_Band
行事カレンダー
前月2017 12翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<今日>
ご支援ありがとうございます
電気屋アフターサービスタナカ
漆芸 巣山定一
どくだみ化粧水の友絵工房
パソコンさぽーとぴっとイン
つくば開成高等学校
ビレッジならかわ
ビレッジならかわ

広告募集中
お問い合わせは
ビレッジならかわまで

しおじり再発見
しおじりフォトアルバム
盛り上がってます、ハロウィーン!!!
ビーナスとジュピターの接近
ペットの自慢コーナー
柴犬です。
はじめてのペット
周辺の天気
場所を変える
只今の天候
nction(){b.push([h].concat(Array.prototype.slice.call(arguments,0)))}}var

風向・風速:
N/A

witter:url" conten
体感温度 N/A
詳細情報...
最終更新: 1月1日 23:00(JST)
Yahoo!天気(塩尻市)
Copyright(c) 2005 塩尻市ポータルサイト運営協議会. All Rights Reserved. :: Designed By OCEAN-NET.