メインメニュー
コンテンツメニュー
規約

東筑摩塩尻PTA連合会規約

 

  第1章 組織名称及び事務所

 (名称及び組織)

第1条 この会は、東筑摩郡及び塩尻市区域内の公立の小学校及び中学校のPTA(以下「単位PTA」という。)をもって組織し、東筑摩塩尻PTA連合会(以下「本会」という。)と称する。

 (本会の事務所の位置)

第2条 本会の事務所は、松本市開智2丁目3番28号東筑摩塩尻教育会館内に置く。

  第2章 目的及び事業

 (目的)

第3条 本会は、単位PTAの連絡協調を図り、その発展を助長することを目的とする。

 (事業)

第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1) 会員相互の資質向上に関する事業

(2) PTA活動等の調査、研究及び協議に関する事業

(3) PTA活動等の情報提供に関する事業

(4) 関係諸団体との連絡及び協調に関する事業

(5) その他目的を達成するため必要な事業

  第3章 役員及び任務

 (役員の種別及び定数)

第5条 本会に次の役員を置く。

(1) 会長 1名

(2) 副会長 4名

(3) 常任委員 11名

(4) 監事 2名

(5) 幹事 若干名

 (役員の選出)

第6条 会長、副会長及び監事は常任委員会で選出し、委員会の承認を得る。

2 副会長の選出は、父親代表1名、母親代表2名及び東筑摩塩尻校長会(以下「校長会」という。)推薦1名とする。

3 常任委員は、別表1のブロック毎の2学校から1名ずつ及び校長会推薦1名を選出し、委員会の承認を得る。

4 幹事は、委員会の承認を受け、会長が委嘱する。 

 (役員の職務)

第7条 会長は、会務を総理し、本会を代表する。

2 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代理する。うち1名は委員会の議長となる。

3 常任委員は、第4条の事業推進のため業務を執行する。

4 監事は、本会の会計及び事業を監査する。

5 幹事は、本会の会計及び会務を処理する。

 (役員の任期)

第8条 役員の任期は、定期委員会から次年度定期委員会までの1年とする。ただし、再選を妨げない。

2 補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 役員の任期を満了した場合は、後任者が就任するまでは、前任者がその職務を行うものとする。

(委員)

第9条 本会に委員を置く。

2 委員は、単位PTAの次に掲げる会長及び副会長が充たるものとする。

(1) 会長1

(2) 副会長の内父親代表 1

(3) 副会長の内母親代表 1

(4) 副会長の内教師代表 1

(顧問)

第10条 本会に顧問を置くことができる。

2 顧問は、会長が委嘱する。

3 顧問は、特定の重要事項について、会長の諮問に応ずる。

 (事務局)

第11条 本会の事務を処理するため、事務局を置く。

2 事務局に必要な職員を置き、会長が任免する。

3 事務局の組織及び運営に関し必要な事項は、常任委員会の議決を経て会長が別に定める。

 (役員等の報酬等)

第12条 役員、委員及び顧問は、無報酬とする。ただし、長野県PTA連合会の副会長又は理事に選任されたときは、別表2の手当を支給することができる。

第4章 委員会及び会議

 (会議の種類)

第13条 会議は、委員会、小委員会、常任委員会及び単位PTA会長会とする。

(委員会)

第14条 委員会は、定期委員会及び臨時委員会とする。

2 定期委員会は、毎年1回5月に開催する。

3 臨時委員会は、常任委員会が必要と認めたときに開催することができる。

4 委員会は、会長が招集する。

5 委員会は、第9条の委員をもって構成する。

6 委員会の議長は、副会長をもってこれに充てる。

7 委員会の付議事項は次に掲げる事項を審議する。

(1) 事業計画の決議に関すること。

(2) 収支予算に関すること。

(3) 規約等の改廃に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか会長が必要と認めた事項

8 会長は、急施を要し、委員会を開催する暇がないと認めたときは、前項の事項について、常任委員会の決議をもって処分することができる。ただし、この処分について会長は、次の委員会に報告し、承認を求めなければならない。

 (小委員会及び常任委員会)

第15条 小委員会及び常任委員会は、会長が必要に応じて開催する。

2 小委員会及び常任委員会は、会長が招集する。

3 小委員会及び常任委員会の議長は、副会長をもってこれに充てる。

4 小委員会は、会長、副会長及び幹事をもって構成する。

5 常任委員会は、会長、副会長、幹事及び常任委員をもって構成する。

6 小委員会は、常任委員会に付議事項及び本会の重要事項について審議する。

7 常任委員会の付議事項は次に掲げる事項を審議する。

(1) 委員会の招集及び委員会に付議すること。

(2) 規約、旅費等に関する規程及び慶弔規程の改廃に関すること。

(3) 収支予算及び補正予算に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか会長が付議すること。

 (単位PTA会長会)

第16条 単位PTA会長会は、会長が必要に応じて開催することができる。

2 単位PTA会長会は、会長が招集する。

3 単位PTA会長会の議長は、副会長をもってこれに充てる。

4 単位PTA会長会は、単位PTA会長、郡PTA正副会長及び幹事をもって構成する。

 (専門委員会の設置)

第17条 本会に円滑な事業運営をするため、専門委員会を置くことができる。

2 専門委員会の組織及び運営に関し必要な事項は細則によって定める。

 (事業報告及び決算)

第18条 本会の事業報告及び収支決算は年度終了後、2月以内に監事の報告を経て常任委員会の承認を受けなければならない。

 (経費の支弁)

第19条 本会の経費は、分担金、補助金、その他収入をもってこれに充てる。

2 前項に規定する分担金の割合は別表3に定めるところによる。

 

 (会計年度)

第20条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年の3月31日に終わるものとする。

 (補則)

第21条 この規約に定めるもののほか、本会の運営に関し必要な事項は、会長が別に定める。

2 細則の変更は常任委員会においてこれを行う。

 

附 則

第1条 第11条による分担金の額は、委員会において決める。

第2条 本規約は、昭和47年5月20日より実施する。

附 則

この規約は、昭和52年5月30日より施行する。

附 則

この規約は、昭和53年5月29日より施行する。

附 則

この規約は、昭和59年5月28日より施行する。

附 則

この規約は、平成7年5月20日より施行する。

附 則

この規約は、平成12年5月20日より施行する。

附 則

この規約は、平成14年5月18日より施行する。

附 則

この規約は、平成15年5月17日より施行する。

附 則

この規約は、平成17年5月14日より施行する。

附 則

この規約は、平成18年5月13日より施行する。

附 則

この規約は、平成19年5月12日より施行する。

附 則

この規約は、平成21年5月9日より施行し、平成21年4月1日から適用する。

附 則(平成22年2月13日臨時委員会)

この規約は、平成22年4月1日から施行する。ただし、別表1の改正規定は、平成23年度から、第5条第2号及び第6条第2項の改正規定は、平成25年度から施行する。

 

別表1(第6条関係)

 地区別学校区分

地 区

範            囲

ブロック1

桔梗小、広丘小、吉田小、丘中

ブロック2

塩尻東小、塩尻西小、片丘小、宗賀小、洗馬小

ブロック3

朝日小、山形小、塩尻中、塩尻西部中、広陵中

ブロック4-1

木曽楢川小、生坂小、麻績小、筑北中、両小野中

ブロック4-2

本城小、坂北小、坂井小、楢川中、生坂中、聖南中

 

別表2(第12条関係)

 役員の手当

区   分

手    当

長野県PTA連合会副会長

 月額2,000円

長野県PTA連合会理事

月額1,000円

 

別表3(第19条関係) 

1 単位PTAの分担金負担割合

区 分

算   出   方   法

会員割

児童・生徒数に教職員数を加えた数に370円をかけた金額

均等割

1単位PTA当たり5,000円

2 児童・生徒数及び教職員数は、毎年5月1日現在の学校登録数による。

 

 

 

プリンタ出力用画面


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
copyright(c) 2004 OCEAN-NET