東筑摩塩尻PTA連合会専門委員会細則

東筑摩塩尻PTA連合会専門委員会細則

 

(趣旨)

第1条 この細則は東筑摩塩尻PTA連合会規約第17条の規定により専門委員会の設置に関し、必要な事項を定める。

(専門委員会)

第2条 本会に次の専門委員会を置く。

(1)総務広報委員会

(2)教育問題検討委員会

(3)父親母親委員会

(4)学校・地域連携委員会

2 会長は、本会の業務遂行上必要に応じ、前項の専門委員会のほか、特別委員会を設置することができる。

(委員構成)

第3条 専門委員会は、次に掲げる会長、副会長、常任委員(校長会推薦委員を除く)、幹事、単位PTA会長及び単位PTA副会長(代表1名)が充たるものとする。

2 専門委員会の円滑な運営を図るため、PTA経験者等必要な知識、技能を持った者等を専門委員として、会長が委嘱することができる。

第4条 第2条の専門委員会に次の役員を置く。

(1)委員長 1名

(2)副委員長 1名

2 委員長は、専門委員会を総理し、専門委員会を代表する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるときは、その職務を代理する。

4 委員長、副委員長等には別表に掲げる者がその職務に充たるものとする。

(業務)

第5条 総務広報委員会は、次に掲げる業務を行う。

(1)専門委員会の総括及び連絡調整に関すること。

(2)単位PTAや関係機関の連絡調整、情報収集及び情報提供に関すること。

(3)広報紙の発行、ホームページの運営・管理に関すること。

(4)郡PTA研修会、講演会など会員相互の資質向上に関すること。

(5)規約、規程、細則及び財政に関すること。

(6)他の専門委員会に属さないこと。

2 教育問題検討委員会は、次に掲げる業務を行う。

(1)教育問題、教育改革等係る調査・研究に関すること。

(2)子どもの成長と家庭・親のあり方を探る諸活動に関すること。

(3)教育関係諸機関、他団体との連携に関すること。

(4)その他教育問題に関すること。

3 父親母親委員会は、次に掲げる業務を行う。

(1)父親・母親の役割分担や家庭教育の向上推進に関すること。

(2)家庭や地域における親子関係や地域関係のあり方に関すること。

(3)家庭教育に関する研修や講演会など学習活動の実施や情報提供に関すること。

(4)その他家庭教育に関すること。

4 学校・地域連携委員会は、次に掲げる業務を行う。

(1)家庭・学校・地域における連携・協力に関すること。

(2)単位PTA及び学級PTA活動の支援に関すること。

(3)その他学校・地域との連携及び単位PTAの支援に関すること。

(補則)

第6条 本細則に定めるもののほか、この細則の施行について必要な事項は、常任委員会において定める。

 

附 則(平成22年2月13日臨時委員会)

この細則は、平成22年4月1日から施行する。

 

長野市PTA連合会 細 則

 

別表(第4条関係)

専門委員会の構成





サイト名: 塩筑PTA連合会   http://www.shiojiri.info/~enchiku
この記事のURL:   http://www.shiojiri.info/~enchiku/modules/tinyd1/index.php?id=8