メインメニュー
コンテンツメニュー
お知らせと報告 - enchikuさんのエントリ

2010/09/23
10/8/87 日本PTA全国研究大会(千葉県)

執筆者: enchiku (7:38 am)
8月27日(金)、28日(土)日本PTA全国研究大会が千葉県で開催され、群Pからは会長をはじめ7名が参加してきました。今年は、関東ブロック研究大会も兼ねての大会となりました。

1日目は、10の分科会が開催され、私たちは第3分科に参加しました。

大会会場の習志野文化ホール


第3分科会は「子供たちに残そうこの地球の恵み〜自然から学ぶ環境教育〜」という研究課題のもと基調講演、事例発表、パネルディスカッションが行われました。
基調講演は、国連技術顧問の吉村和就先生による「水と環境について」お話を聞きました。人類が利用できる水は、地球上のすべての水の僅か0.01%しかなく、これを大事に使わなくてはならないと述べられていました。


事例発表は、谷津干潟の観察を通して環境教育に取り組む谷津干潟自然観察センターの島田さん、谷津干潟を教材として利用する習志野市立谷津南小学校の東先生、そして南極昭和基地から南極授業を行った長井先生からありました。

また、アトラクションとして行われた谷津小学校管弦楽クラブ、習志野第五中学校吹奏楽部、そして習志野高校吹奏楽部の皆さんの演奏も素晴らしかったです。


2日めは、幕張メッセで全体会が開催されました。


全体会では、森田千葉県知事をはじめ多くの来賓をお招きして、大会宣言が決議されました。


記念講演は、元プロテニスプレーヤーの松岡修造氏から「叱って・ほめて・抱きしめろ」という演題でお話を聞きました。とても、熱く語って頂きました。

来年は、長野市でPTA関東ブロック大会が開催されます。
enchikuさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (7260)
このエントリのトラックバックURL
http://www.shiojiri.info/~enchiku/modules/weblog/weblog-tb.php/12
印刷用ページ 友達に送る
copyright(c) 2004 OCEAN-NET