メインメニュー
コンテンツメニュー
お知らせと報告 - enchikuさんのエントリ

2011/10/29
2011/10/21〜10/22 第43回日本PTA関東ブロック研究大会長野大会

執筆者: enchiku (9:39 pm)
10月22日(金)、23日(土)の両日、長野市のホクト文化ホールを主会場に、第43回日本PTA関東ブロック研究大会長野大会が盛大に行われました。
第8分科会は東筑摩塩尻PTA連合会が運営を担当し、300余名の参加のもと、大成功に開催することができました。
塩原実行委員長をはじめ新旧常任委員により構成された実行委員会の皆さん、お手伝いいただいた歴代OBの皆さん、また参加いただいたPTAや関係者の皆様の協力の賜物でした。
なお、来年の日本PTA関東ブロック研究大会は静岡県で開催されます。
受付の様子。スムーズな受付と前列が空かない開場誘導ができました。

神奈川県と山梨県の小中学校PTAにより活発で先進的な事例が発表され、活動の経過や得られた効果、今後の課題などをわかりやすく話されました。
1『繋がる・支える・ともに生きる〜六浦中学校を支える地域、地域と繋がるこどもたち〜』
  横浜市立六浦中学校PTA
  地域祭礼等に参加、交流することで、地域や社会を考え体験する貴重な機会となっている。
  地域の大人の方と一緒に活動する中で、学校と地域の連携が上手くできている事例でした。
2『トイレの神様に出会った日〜心豊かな人間社会の形成を目指して〜』
  山梨県立南アルプス市立落合小学校PTA
 NPO法人の指導のもと、トイレ掃除をすることで謙虚さや感謝の心が芽生えるという。無心でトイレを磨きあげることで得られる感動が伝わってきました。
 松本大学総合経営学部教授 白戸 洋先生 による講演会「学校と地域連携〜よってたかって育てよう」が開催されました。長年、地域活動に携わり研究されてきた先生の実体験に基づくお話しから元気をもらうことができました。何事も先ずは参加、実践してみることから始まると感じました。

 塩尻市出身のアルパ奏者 川窪裕子様 によるミニコンサートが行われました。
マイクを使わずアルパだけの純粋な音色は本当に綺麗でした。
 また、曲の間には、アルパはどんな楽器か、現地では誰もが弾けること、楽譜がないことなど興味深いお話を聞くことができました。

パネルディスカッションでは、長野県教育委員会主任指導主事 浦野栄一様 がコーディネーターとなり、会場の参加者に質問を出し、参加者は浦野様ご自身が製作された3色の切り絵のいずれかを掲げて回答することで、気軽にコミュニケーションがとれていました。
また、事例発表をされた横浜市、南アルプス市のPTAの皆さん、アルパ奏者の川窪様をパネリストにディスカッションが行われ、会場からも活発に質問も出て、予定時間丁度に終了できました。
enchikuさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (15272)
このエントリのトラックバックURL
http://www.shiojiri.info/~enchiku/modules/weblog/weblog-tb.php/23
印刷用ページ 友達に送る
copyright(c) 2004 OCEAN-NET