メインメニュー
コンテンツメニュー
お知らせと報告 - 最新エントリ

最新エントリ
2008/10/27
カテゴリ: お知らせ・報告 : 

執筆者: enchiku (8:40 pm)


2008/10/26
第50回長野県PTA研究大会 大北大会(長野県PTA連合会結成60周年記念)が開催されました。
研究協議では「心をはぐくむ家庭のあり方」と題してインターネットや携帯電話に関するパネルディスカッションが行われました。
講演では「子どもの変化に対応した学校のあり方」〜家庭・地域は何ができるのか〜と題して明石要一先生のお話をお聞きしました。
ここ30年での子どもの変化・大人の変化などを楽しく説明していただきました。

途中、信濃国松川響岳太鼓子供会のみんなによる太鼓演奏を聞かせていただきましたが、ジュニアコンクール長野大会優勝の腕前は感動でした。
2008/10/06
カテゴリ: お知らせ・報告 : 

執筆者: enchiku (9:20 am)


2008年10月4日
塩尻中学校に於いて、東筑摩郡塩尻PTA連合会の本年度の研修会が開催されました。
地元、阿礼太鼓の演奏で幕開け、午前中はセイコーエプソンの森氏による講演会、午後はそれぞれのテーマで分科会が開催されました。

その分科会では『家庭が原点』〜子どもといっしょに〜をテーマに、皆で話し合い、協議を深めて頂きました。また今回の目玉として、郡PTA役員OBの皆さんにコーディネイトしていただき「子育て研修会」「広報研修会」も同時開催されました。
たくさんのみなさんにご参加いただきまして、ありがとうございました。
2008/08/30
カテゴリ: お知らせ・報告 : 

執筆者: enchiku (7:43 am)


8月23・24日香川県高松市で開催され、全国から延べ約6000名の
PTA役員が参加されました。
私たちは特別第1分科会「今、携帯を持つ子どもたちに起きている事実」に参加し
現代の携帯電話事情を研修させていただきました。
小学生で30%、中学生になると60%以上にものぼる所有率となった携帯電話
メール・インターネット・ブログ・プロフ聞きなれない言葉が飛び交う携帯の世界
ただ子どもたち持たせる持たせないの議論にとどまらず、私たちも子どもたちと
いっしょに携帯の利便性、危険性を学んでいかなければと痛感しました。 (副会長)
2008/06/22
カテゴリ: お知らせ・報告 : 

執筆者: enchiku (8:29 pm)


2008年6月21日
松本市開智の東筑摩塩尻教育会館にて、平成20年度の第一回子育て研修会が開催されました。

講演会では中垣 寿彦先生から「親のねがいと子の想い」と題して講演を頂きました。
”関係性のズレが何を生み出すか?”子どものしかり方などについて耳の痛いお話をして頂きました。
講演最後にはリラックスする体操までも教えていただきました。

その後は分散会に移り、学級PTAでの悩みなど等、他校みなさんといろいろな意見交換が出来ました。
2008/05/12
カテゴリ: お知らせ・報告 : 

執筆者: enchiku (8:40 am)


2008年5月10日
松本市開智の東筑摩塩尻教育会館にて定期委員会が開催されました。
圏内27校の正副会長さんにお集まり頂き、19年度の事業報告並びに決算報告、20年度の事業計画並びに予算等の議案が無事承認されました。
終了後、「私たちのPTA活動を紹介します」のコーナーでは代表10校に登壇して頂き単Pの報告をして頂きました。
最後は藤森敬一さんによるミニコンサートで癒しを頂きました。
2008/04/14
カテゴリ: お知らせ・報告 : 

執筆者: enchiku (1:10 am)


2008年04月12日
波田町アクトホールにて「20年度新役員研修会」が行われました。
新年度もスタートし、期待や不安の気持ちの中、新年度の学級学年会長さん達に参加して頂きました。
(参加者180名)
講 話 「子どもの日常生活と学力」
講 師 平林袈裟雄先生(元桔梗小学校校長、現塩尻市教育センター主事)
全体会 「学級PTAって?」
。丕圍疏反イ里靴みについて
学級PTAの大切さ
司会のポイント
こ惶蕕世茲蟶鄒のポイント

学級PTAがPTAの原点になると思います。とはいえ、司会が苦手と思われている方や、少し不安に思っていらした方が多かった様に思います。研修会後に「良かった」との意見が9割以上でした。お役に立てて嬉しく思います。研修会の中で「親同士がまとまれば子どもも自然と、そしてクラス全体が良くなる・・・」「些細なことであっても丁寧に努力する」というお話がありました。
学校で、家庭で、私たち親が子どもにしてあげられることは共に学び、ちっちゃな努力を積み重ねながら一日一日を丁寧に生きていくことなのかなと思いました。いつも「えがお」と共に。

19年度子育て委員長 大和

« 1 2 (3)

copyright(c) 2004 OCEAN-NET