メインメニュー
コンテンツメニュー
お知らせと報告 - enchikuさんのエントリ

最新エントリ
2012/06/07
カテゴリ: お知らせ・報告 : 

執筆者: enchiku (6:19 pm)
1.日時
 平成24年6月23日(土) 午後1時30〜(1時開場)

2.会場
 塩尻市立桔梗小学校(塩尻市広丘高出1486番地193)

3.内容
 ガンバレ新役員研修会
 講師:鋤柄郁夫 先生
 演題:子どもたちの心の叫び〜人間力を育む〜

4.日程
 13:00 受付開始
 13:30 開会(ガンバレ新役員研修会)
 15:30 終了予定

5.その他
・駐車場は消防署南中央スポーツ公園駐車場をご利用ください。
・アンケートがありますので、筆記用具をご用意ください。
・一般会員の参加も可能です。是非参加呼びかけをお願いします。

2012/04/14
カテゴリ: お知らせ・報告 : 

執筆者: enchiku (12:55 pm)
 単位PTAよりご推薦いただきました新役員候補者を対象に、郡PTA連合会の活動や事業等を事前にお知らせするための説明会が開催されました。
 新役員候補者の皆さんは初顔あわせで、始め大変緊張した面持ちでしたが、現役員が楽しそうに会話していたり、机を並べて現役員から話を聞いたりする中で安心できたのではないでしょうか。
 今回は、郡PTA、専門委員会、常任委員会ってなんだ?なにするの?といった、簡単なパンフレットを使っての説明でしたので、大変わかりやすかったと思います。
2012/04/14
カテゴリ: お知らせ・報告 : 

執筆者: enchiku (12:17 pm)
第2回単位PTA会長会(第4合同専門委員会)
郡P役員による「平成23年度塩筑PTAまとめ会」が開催されました。

1 平成23年度専門員会活動報告
  中川教育問題専門委員会委員長、藤原父親・母親委員会委員長、柄澤学  校・地域連携委員会委員長から各委員会の活動報告がされました。
2 田鹿会長から平成23年度郡Pの事業の中間報告がされました。
3 上條副会長から平成24年度郡Pの事業計画(案)が示されました。
4 「平成23年度私たちのPTA紹介」として、各単位PTA会長から、今  年度各校で行った主なPTA活動について発表がありました。
2012/02/05
カテゴリ: お知らせ・報告 : 

執筆者: enchiku (3:48 pm)
 平成24年1月28日(土)午後に「学校・地域連携委員会研修会」が開催され、木曽養護学校の宮内かつら先生から発達障害について講演をいただきました。
 発達障害の分類は、最近の研究から大幅な見直しが予定されているとのこと。
 注意欠陥多動性障害ADHD、自閉症などの特徴や発達障害の原因、支援や社会参加についてお話されました。
 自立と社会参加には、周囲の理解と支援者が大切とのことでしたので、日頃から心がけたいと思いました。
2012/02/05
カテゴリ: お知らせ・報告 : 

執筆者: enchiku (1:45 pm)
 平成23年12月3日(土)午前に東筑摩塩尻教育会館講堂で「父親母親委員会研修会」が開催されました。
『ネット社会:携帯電話について』と題し塩尻市教育委員会の中村聡士さんからご講演いただきました。
 携帯電話に依存し使われるのではなく、正しい知識を持ち、正しく判断して使うこと。
 出会い系サイト、SNS、掲示板、動画投稿サイト等の出会いの場の多様化しているが、人はつながりをもとめている。
 大人ができることはセキュリティーなどの技術的な対策だけでは不十分。子どもとのコミュニケーションをとり、使う目的・時間・場所・使用限度額等の約束、約束を破った時などのルールをしっかりつくることが大切とのことでした。

 子どもたちが日常接しているネットワークに関する具体的なお話しだったため、大変興味深い講演会でした。先生の話を聞いてみて、自分の子どもは動画サイトに投稿するのが好きですが、もっと事実を知り家庭での約束を決めなければと思いました。
2012/02/05
カテゴリ: お知らせ・報告 : 

執筆者: enchiku (1:23 pm)
 平成23年12月3日(土)午後に「学校・地域連携委員会協議会」が開催されました。
 朝日村教育委員会の上條俊子さんから「わくわく館の活動と地域連携」について講和いただいた後、参加者相互で情報交換をしました。
 わくわく教室では、そろばん、書道、地質講座、グランドゴルフ、植物観察、裁縫、編み物など様々の体験ができるため、子ども達がいきいきしているとのことでした。
 情報交換会では、やしょうまづくり、しめ縄づくり、バザー、お祭りでの販売などを通じて地域との連携を図っている事例が出されました。
2011/10/29
カテゴリ: お知らせ・報告 : 

執筆者: enchiku (9:39 pm)
10月22日(金)、23日(土)の両日、長野市のホクト文化ホールを主会場に、第43回日本PTA関東ブロック研究大会長野大会が盛大に行われました。
第8分科会は東筑摩塩尻PTA連合会が運営を担当し、300余名の参加のもと、大成功に開催することができました。
塩原実行委員長をはじめ新旧常任委員により構成された実行委員会の皆さん、お手伝いいただいた歴代OBの皆さん、また参加いただいたPTAや関係者の皆様の協力の賜物でした。
なお、来年の日本PTA関東ブロック研究大会は静岡県で開催されます。
受付の様子。スムーズな受付と前列が空かない開場誘導ができました。

神奈川県と山梨県の小中学校PTAにより活発で先進的な事例が発表され、活動の経過や得られた効果、今後の課題などをわかりやすく話されました。
1『繋がる・支える・ともに生きる〜六浦中学校を支える地域、地域と繋がるこどもたち〜』
  横浜市立六浦中学校PTA
  地域祭礼等に参加、交流することで、地域や社会を考え体験する貴重な機会となっている。
  地域の大人の方と一緒に活動する中で、学校と地域の連携が上手くできている事例でした。
2『トイレの神様に出会った日〜心豊かな人間社会の形成を目指して〜』
  山梨県立南アルプス市立落合小学校PTA
 NPO法人の指導のもと、トイレ掃除をすることで謙虚さや感謝の心が芽生えるという。無心でトイレを磨きあげることで得られる感動が伝わってきました。
 松本大学総合経営学部教授 白戸 洋先生 による講演会「学校と地域連携〜よってたかって育てよう」が開催されました。長年、地域活動に携わり研究されてきた先生の実体験に基づくお話しから元気をもらうことができました。何事も先ずは参加、実践してみることから始まると感じました。

 塩尻市出身のアルパ奏者 川窪裕子様 によるミニコンサートが行われました。
マイクを使わずアルパだけの純粋な音色は本当に綺麗でした。
 また、曲の間には、アルパはどんな楽器か、現地では誰もが弾けること、楽譜がないことなど興味深いお話を聞くことができました。

パネルディスカッションでは、長野県教育委員会主任指導主事 浦野栄一様 がコーディネーターとなり、会場の参加者に質問を出し、参加者は浦野様ご自身が製作された3色の切り絵のいずれかを掲げて回答することで、気軽にコミュニケーションがとれていました。
また、事例発表をされた横浜市、南アルプス市のPTAの皆さん、アルパ奏者の川窪様をパネリストにディスカッションが行われ、会場からも活発に質問も出て、予定時間丁度に終了できました。
2011/10/02
カテゴリ: お知らせ・報告 : 

執筆者: enchiku (10:06 am)
 平成23年9月24日(土)に東筑摩塩尻教育会館講堂で「教育問題検討委員会研修会」が開催されました。
『子どもの可能性を引き出す、大人と子どもの係り』〜学校・家庭・地域の連携で育ったものは〜 をテーマに松本市教育委員会指導室長の小室邦夫先からご講演いただきました。
ジョークを織り交ぜながら、深刻な話題であっても夢のある心に響くお話しをされました。
先生が実際に体験したことや伝え聞いたことなど具体的なお話しだったため、大変聞きやすい講演会でした。


・被災地の子どもに一番ほしいものをインタビュー ---家や食べ物ではなくタイムマシンと答えた。子どもの友達を思う心の大きさを感じた。

・祖母と残された小学校3年生の子どもが書いたノート---みんなの笑顔が見られますように。夢がかないますように。みんなが幸せになりますように。

・ほめること(好きなことを夢中でやったとき、掃除を自分からやったとき、最後までやり遂げたとき、休んだ友達を思いやったときなど)

・山辺中学校の例---地域の方と野菜を販売したとき、最初売れなかったが大きな声でとアドバイスされ勇気を出して言ったら売れた。「物を売ることは、真心と笑顔を売ることだと思った。」

・過去に荒れた中学校の例---地域住民と中学生があいさつ道路「さわやかロード」を完成

・盲目のピアニスト---無理だと思えることでも工夫して努力すればできることだってある(母親)。両親のおかげ。お客さんのことを考えると頑張れる(本人)。

・両腕がなくても先生に---右足で黒板に書いて授業をする。成功の反対は失敗ではなく、何もしないこと。生きていくことが大事。



当日は第5回常任委員会、第4回総務広報委員会が開催された後、午後2時からは長野県PTA副会長岡田英恵様を講師に迎え「父親母親委員会協議会」が開催されました
2011/09/23
カテゴリ: お知らせ・報告 : 

執筆者: enchiku (12:49 pm)
平成23年8月20日に塩尻市立楢川中学校にて、「子どもの豊かな未来づくり〜共に学び・語り・育てよう」を研究主題として、「東筑摩塩尻PTA連合会研修会」が盛大に開催されました。

開会式前に行われた地元の贄川瑞龍太鼓の演奏では、その力強い響きに圧倒され、聞いている私たちも元気をもらいました。



開会式に引き続き、元スケルトン協議のオリンピック選手 越 和宏先生が「挑戦」と題して講演をされました。長年現役選手として活躍され、決してあきらめず挑戦し続けてこられた精神力は素晴らしいと感じました。



5つの分科会では、学校、地域との連携活動を主体とした各分科会テーマに沿って、提案校の皆さんの事例発表をもとに、助言者の先生方のアドバイスを受けながら、話し合いや質問などが活発に行われ、今後のPTA活動の参考になりました。



グループに分かれ、屈託のない意見交換の時間を設けた分科会もありました。

2011/06/26
カテゴリ: お知らせ・報告 : 

執筆者: enchiku (8:05 am)
ガンバレ新役員研修会が塩尻市総合文化センター講堂で開催され、はじめに田鹿会長が東筑摩塩尻PTA連合会の組織と活動について説明をされました。
今後の事業にも積極的に参加して役員みんなで盛り上げていきましょう。

親業訓練協会インストラクター 百瀬敬子先生 による新役員応援研修
大変な教室に赴任した先生が解決のため子ども達に向き合った体験談など、聴いて涙ぐむ保護者の方も数多くありました。

後半は、百瀬先生から親子の信頼関係をよりよくするための講和をいだたきました。
子どもとの良くない事例をお隣同士で再現することで、言われた子どもの子持ちが少しわかった気がします。
子どもの行為ばかりを責めるのではなく、なぜそうしたのかの気持ちを理解すること。
日常でもいつも忘れずに心がけたいものです。

講演会の休み時間には坂北地区のサンサン体操をしました。ユニークな振り付けが楽しめます。

(1) 2 3 »

copyright(c) 2004 OCEAN-NET