信州・両小野地区振興会 信州 たのめの里 便りサイト内検索
ホーム 憑【たのめ】の里とは ニュース&トピックス 観光案内 アクセス

ニュース&トピックス


投稿者: ryouono 投稿日時: 2017-2-14 15:42:41 (261 ヒット)

去る2月11日(土)小野奴の会は2年ぶりとなる”大凧揚げ”を北小野上田地籍で実施した。会員10名余が年明けから連日準備を重ね、畳4丈分の大凧(武者絵)と連凧(30〜70連)3個を大空に向けて揚げた。大凧はなかなか揚がらなかったが"トライを繰り返す中で”大凧は風をキャッチして見事に大空に舞い上がった。










投稿者: ryouono 投稿日時: 2017-1-10 16:17:56 (363 ヒット)

去る1月7日(土)新春恒例の「お座敷列車憑号の旅」を行い今年は甲府武田神社への初詣です。今年で6回目となるイベントです。
子供からお年寄りまで幅広い世代の111名が参加し、JR東日本の団体専用列車(6両編成)に分乗して、堀こたつ式のテーブルで「夜明け前」やジュースで乾杯後は思い思いのカラオケや歓談で車中は花が咲き往復7時間の旅を楽しんだ。








投稿者: ryouono 投稿日時: 2016-11-21 9:17:08 (461 ヒット)

小春日和の11月20日小野神社の元伐祭(1〜4の柱)が
氏子の皆さんの協力の下、無事終了致しました。
 
来年1月は綱より、3月25,26日の山出し、5月3日〜5日
は里引きが行われる事となります。

一の柱を担当する上田区のスナップをご覧ください。
(御神木は樹齢110年、根元直径1m余り、長さ18mの赤松の大木です。)









 上田区 御柱実行委員長 赤羽区長    献木者 赤羽仙也さん


  上田区 青年社の皆さん


                                    投稿者 スタッフ 赤 羽


投稿者: ryouono 投稿日時: 2016-10-11 17:54:32 (429 ヒット)

去る10月2日(日)晴天に恵まれたこの日小野駅隣「小野介護予防センターたのめの里」駐車場で両小野振興会主催の”駅前フェスティバル2016”(第7回)が開催され、地元商店、農産物直売、飲酒コーナーや太鼓演奏会などが繰り広げられて大勢の住民で賑わった。又、塩尻王城観光開発協議会主催のウォーキングイベント「初期中山道歩こう」も矢彦・小野神社の例大祭に合わせ行われ約100人が岡谷側から小野駅を目指した(塩尻〜牛首峠側は土砂崩れで中止)駅前では小野介護センター内でブドウのおもてなしがあり加えて平成23年の小野御柱写真コンテスト入賞作品展も開催され参加者は写真に見入ったり、甘いぶどうに満足したと笑顔で答えてくれました。












投稿者: ryouono 投稿日時: 2016-1-14 17:39:33 (377 ヒット)

毎年10月第1日曜日に執り行われる矢彦神社例大祭には旭、上町、雨澤3地区からは舞台用の屋台が国道153号を曳行神社境内で奉納が行われている。このほど小野地区振興会では、伝統ある屋台を後世にその歴史を伝えようとA4判2つ折り冊子を製作下。各屋台の青年会(旭:愛睦社、上町:信友者、雨澤:友愛団)の社長、団長の言葉を添えて各地区の先人から聞いた屋台の歴史なども紹介されているもので、昨年末に小野地区全戸に配布された。








投稿者: ryouono 投稿日時: 2016-1-9 19:33:19 (325 ヒット)

 上田区育成会(東原会長)PTA(横澤支部長)は、
地区運動広場で、恒例の 三九郎焼き を 開催しました。

  勢いよく燃える三九郎

  
  各家庭で作った「繭玉」を焼き、食べ今年の無病息災を祈りました。


  厄年の皆さんによる「厄払い」も行われました。
消防隊員の中にも厄年の方がいました。(火の用心の見回り、何時もありがとうございます。)


                     投稿者 スタッフ 赤 羽


投稿者: ryouono 投稿日時: 2015-9-12 15:36:12 (325 ヒット)

「癒の里づくり」と題して井上先生が熱弁!

9月10日午後7時から小野農民研修センターにおいて両小野地区振興会主催の地域医療・福祉後援会が開催され100名超の住民が参加した。
富士見高原医療福祉センター長で富士見高原病院統括院長の井上先生が「癒の里づくり」と題して10月1日から新築移転される両小野診療所をはじめ介護施設(59床平成29年開業)を拠点に憑の里を元気にする取り組みや将来展望など熱く語っていただき参加者は真剣に聞き入っていました。






投稿者: ryouono 投稿日時: 2015-7-15 11:31:56 (435 ヒット)

このほど”特定非営利活動法人つなぐ”発行の「信州たのめの里自然散策ガイドブック:霧訪山と枝垂栗豊かな自然に囲まれた里山フットパス(22ページ)」(No.13)が両小野地区振興会の協力で出来上がりました。
又、昨年発行された「両小野周辺散策ガイドブック:清少納言ゆかりのたのめの里歴史と文化の薫る街道のまち(24ページ)」(No.8)も好評を博しておりますが2冊とも地元商店「こめはなや」にて1冊200円(消費税別)お求めいただけます。どうぞお買い求めいただき、憑の里にお出かけください。


投稿者: ryouono 投稿日時: 2015-7-15 11:11:55 (394 ヒット)

7月12日(日)両小野地区振興会主催第4回旧伊那街道ウォーキングが、台風9号の接近も心配される中約20名の地区内外からの参加を得てウォーキング日和の1日を楽しんだ。当日は午前8時小野駅に集合し、バスで善知鳥峠に移動。
「分水嶺公園水の分かれ」で「憑史談会」会長小野仁志氏の説明を皮切りに旧道の林の中を歩きながら南に向かった、蔵造川水道橋、小野・矢彦両神社、古田晃記念館、郡境(唐沢川)、辻の地蔵、そして夜明け前小野酒造では冷酒や甘酒をいただき、最後は小野宿問屋(公開日)まで、憑の里の旧街道約7.5Kmのウォーキングを12時30分まで満喫していただきました。








投稿者: ryouono 投稿日時: 2015-2-12 11:13:50 (427 ヒット)

小野奴の会は2月11日(建国記念日)午後1時半から北小野上田地籍において小野奴の会メンバー10名が1月下旬から制作した大凧(2m×3m)と奴凧そして連凧(50連×3本)が用意され順次大空に向けて舞い上がった。しかし当日は風が穏やかで大凧を上げるには条件が悪かったため悪戦苦闘したが最後にはワンチャンスをとらえて見事に舞い上がった。今年で23回目のイベントは成功裏に終わりました。












(1) 2 3 4 ... 6 »
ページの先頭へ