古田晁記念館の由来

信州 憑(たのめ)の里 便り
(両小野地区振興会ホームページ)

記念館トップ 記念館の由来

記念館案内

古田晁 略年譜

交通アクセス
 
 
古田晁記念館の由来


 平成6年5月、筑摩書房創立者故古田晁氏のご遺族から、
 塩尻市に生家の庭園と土蔵を寄付されました。
 
    (展示館の土蔵)
tennjikann_dozou.jpg

古田邸には、戦時中から戦後にかけて古田晃氏を慕い、中野重治、宮本百合子をはじめ宇野浩二、辰野隆、渡辺一夫、貝塚茂樹、鈴木信太郎、椎名麟三、野間宏、佐藤正彰、丸山真男、中島健蔵、田中英光、木村彰一、武田泰淳、金子武蔵、杉捷夫、遠藤湘吉、唐木順三、臼井吉見、青山次郎、中村光夫、手塚富雄など多くの著名な学者や作家がここを訪れこの土蔵二階の和室で語らい、また創作活動などをされた文化の香り高い所です。
 
 
 市では筑摩書房創立者として、日本の出版文化の発展に尽く
 された古田晁氏の遺徳を顕彰するため平成8年10月30日
 塩尻市立「古田晁記念館」を開設しました。
 
    (展示館二階の和室)
tennjikann_2F_wasitu.jpg

記念館の二階三部屋は、作家宮本百合子をはじめ、多くの先生方が宿泊したり、執筆活動にいそしんだ場所として知られ、当時の面影が色濃く残された貴重な文化遺産です。
 
 
太宰治と古田
 太宰は、多摩川上水に入水する前日
 最後の別れをするため敬愛する古田を訪ねた。
 あいにく古田は信州の実家に帰っていた。
 「会えていたら太宰さんは死なんかったかもしれん」
 古田痛恨の台詞である(『含羞の人』)

 
古田家来訪の主な人々
 中野重治(作家)    宮本百合子(作家)   宇野浩二(作家)
 辰野隆(仏文学者)   渡辺一夫(仏文学者)  貝塚茂樹(歴史学者)
 鈴木信太郎(仏文学者) 椎名麟三(作家)    野間宏(作家)
 佐藤正彰(仏文学者)  丸山真男(政治学者)  中島健蔵(評論家)
 田中英光(作家)    木村彰一(評論家)   武田泰淳(作家)
 金子武蔵(哲学者)   杉捷夫(仏文学者)   遠藤湘吉(経済学者)
 唐木順三(文芸評論家) 臼井吉見(文芸評論家) 中村光夫(文芸評論家)
 手塚富雄(独文学者)  青山二郎(古陶磁研究家・装幀家)
 
次のページ 「記念館案内」 へ